高齢者・障がい者の快適な生活ができる「家・施設・街」づくり | 医療福祉空間・企画事務所 株式会社夢企画

お知らせ

  • ぷあぷあ保育園・トイレ設計考

    2017年03月15日

    保育園のトイレは単なる排泄の場ではない
    トイレは大切な教育の場でもある

    自分の意思でトイレが上手に出来るという事・手が洗えるという事は
    こどもの喜び・自信・成長に大きく関わる

    トイレトレーニングをサポートしやすい環境の提案

    具体的には:
    2歳児の男の子は小便する時、起立が不安定なため、小便の失敗がある
    →キチンともてるバーがあるとよたつきが無く、失敗が少なくなる。

    2歳児の女の子は便座の上での座位バランスがまだ不十分
    →座位のバランスをサポートできるバーがあると、安心して用がたせる。
    (男の子の大便も同様)

    手すり・バーはお年寄りや身体に障がいをお持ちの方だけではなく
    小さな子供たちの自立した生活をサポートできる大切な味方

    また、衣服の一部をずらして、大小便ができるようになれるのは3歳以上から・・・
    その前は、衣服を脱いで→着るスペースが必要
    もちろん立ったままはできないので、座っておこなう

    →床暖房を仕込んだ床の提案。この床を利用して着脱衣

    トイレを一過性のスペースとしてデザイン処理をするのではなく
    こども達の教室として考えた。

     

     

    トイレ設計考

PAGETOP